保井智貴 | TOMOTAKA YASUI

まちにある家という彫刻。
そして空間のための家具。
松村亮平 保井智貴

讃岐平野の山々と田んぼを見渡せる
築40年の小さな家屋を、
彫刻に見立てました。
「彫刻の家」では、
螺鈿こんぶ設計の空間で、
松村亮平の家具を、
保井智貴が塑像やドローイングを展示し、
空間や暮らしについて考えます。

日時:3月8日(木)〜 21日(水)
3月10日(土)19:00〜20:30 トークイベント / 20:30〜22:00 アフターパーティー

場所:香川県高松市多肥上町2140-3